思想膿漏

steamとかPCゲームの感想書くやつ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ハイスコアガールの感想。  

highscore.jpg

ホラーギャグ漫画界随一だとぼくが勝手に思っている押切蓮介の『ハイスコアガール』が想像以上に面白かった。
ホラーギャグ漫画家とはいえこの漫画にはホラー要素はなく(いや、怖くないホラーがちょっとだけあったけど)ゲームが大好きな少年ハルオと当時のゲームを中心とした90年代アーケードラブコメディーだ。
ぼくがこの漫画を読んでいてまず浮かんだのはノスタルジックな感情だった。
この漫画の世代とはちょっとずれているとはいえ懐かしさを感じずにはいられなかった。

学校帰りや休みの日に少ない小遣いを握り締めて駄菓子屋をはじめ、
いろんな所に置いてあるMVSのゲーム筐体で今日は何をやるかとか悩んだりしていた昔を思い出す。
昔は本当にいろんなとこに筐体置いてたよね。
屋外の自動販売機が数台並んでる横にMVSが1台置いてあったりとかさ。
もう随分昔のことだけど、そこでやった94がはじめてプレイしたKOFだってこととか今でもぼんやり覚えてるよ。

漫画でネタがわからない人のための説明が入っていると時々それが鬱陶しくなるけど、
この漫画ではハルオが楽しそうに語ることで鬱陶しさを感じなかった。
そして説明=ハルオの知識となり、説明と同時にハルオがどれだけゲームを愛しているかがよく伝わってくる。

濃いゲームネタとテンポのいいギャグが王道の甘酸っぱい恋愛要素をしっかり引き立てていて、
いい感じにバランスが取れた漫画だと思う。
ゲームネタが好きな人はもちろんだけど、ゲームを全くやらない・ゲームに熱中してる人の気持ちがわからない、
そんな人にもオススメしたい。


押切蓮介の他の連載中のゆうやみ特攻隊・ツバキ・焔の眼もおもしろいからしっかり全巻集めたいなぁ。
というか今連載5本もやってんのか。
ほとんど月刊とはいえすごいなー、描いてて頭がこんがらがったりしないんだろうか。

ところでよく思うんだけどこの手のそんなに絵がうまいわけでもない漫画家の描く女の子に限ってどうしようもないくらいに可愛く感じるのはなぜだろうか。
いや、うまくないって言っても初期の、ギガナイフとかのころと比べるととんでもなくうまくなってるんだけどね。


ちなみにぼくが昔よく行っていた駄菓子屋・ゲーム屋・おもちゃ屋・ゲームセンターはどれも閉店しました。
悲しい。


ハイスコアガール
http://www.square-enix.com/jp/magazine/biggangan/introduction/highscoregirl/index.shtml

押切蓮介のHP カイキドロップ
http://www.kinet.or.jp/osikiri/
関連記事

category: その他

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ippondatara.blog.fc2.com/tb.php/28-39b79815
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。