思想膿漏

steamとかPCゲームの感想書くやつ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

dotaが6.75になったらしい  

dotaの新しいパッチv6.75で大幅な調整が入った。
http://www.playdota.com/changelogs

dota2じゃなくてdotaのほうだけど前回同様たぶんdota2にも来るんだろう。

以下、changelogを見た感想。


ヒーロー
・Alchemist
Meepoがくるまで勝率最下位だったDumpHeroの代表格はスキルが全体的にbuff。
特に注目したいのがUnstable Concoctionのカウントダウンが相手に見えなくなる。
これで相手がタイミングをあわせてスタン打ってきて自爆する悲しい事件が減る。
さらにこれまで空中で爆発したときのみAoEになってたのが常にAoE化。
もちろん自爆したときもAoEになる。
Chemical RageとGoblin's Greedの強化で中盤の森狩り集金速度もあがったけどそれでもいまいちな気がする。

・Axe
Battle Hungerのスローがちょっとだけ減ったけど移動速度上昇効果は2倍の8%。
2体に打てば元の290と回復靴の80で370だったのが16%上昇で429と恐ろしい速さになる。
Counter Helixのダメージがちょろっと上がってるけどそんなことより発動確率あげてくれ。

・Chen
Holy Persuasionの味方を泉に戻す効果がTest of Faithを味方に使用した場合になった。
nukeを打ちつつ味方を助けることができなくなったのは地味に痛そう。

・Doom Bringer
低レベル時のDevour金策がちょっと遅くなったけどレベルを上げきってからの集金速度は上昇。
一番注目すべきはlv1から強い中立creepをパクパクモグモグできるようになったこと。
これで大きい鳥や青オーガを食べれば通常攻撃ハラスに強くなれるから序盤が安定しそう。

・Drow Ranger
スキルが全体的に強化。
lv3のMarksmanshipはagi+45だったのが+60に。
ステータスに換算するとダメージ+45が+60、アーマー+6.3が+8.4、攻撃速度+45が+60とかなり強化される。
さらにTrueshot Auraのダメージボーナスも増加したおかげで後半の攻撃がかなり痛くなりそう。

・Jakiro
当てにくいことこの上なかったIce Pathがリメイク。
発生が0.1秒早くなってダメージも与えるようになった。
今までは氷が生成されたあとは凍らなかったような気がするけどあとから触っても凍るのかな?
スタンするとは書いてないけど元々凍るのはスタンと同じ効果なだけだったからたぶんこれも動けなくなるはず。

・Keeper of the Light
Illuminateの効果範囲が合計1600から2000に、ふざけんな。

・Lycanthrope
Summon Wolvesの狼のHPが大幅に減少。
最大まで上げても320、今までのlv1(HP400)よりも低くなった。
さらに消費マナも少し増えて序盤の森狩りがきつくなる。
とはいえ中盤以降のシージ力は相変わらず。
ある意味キャリーらしくなったように思える。

・Morphling
Morphの消費マナ増加はEthereal Bladeのアクティブ消費マナが増加したのもあって、
Morphlingの少ないマナプールでこれはきついんじゃないだろうか。

・Phantom Lancer
レベル毎のagi上昇値が2.8から4.2と脅威の伸び具合に。
lv25になると70上昇だったのが105上昇。
前述のDrow Rangerのultで驚いてたけどあっちは+15だが、こっちはlv16で+22.4。
ものが違うから比べるのもおかしいかもしれないけど酷い話だ。

・Shadow Fiend
Shadow Fiendが死んだときに失う半分のソウルでRequiem of Souls打つようになった。
しかもCD中にも発動するし、発動してもCDにならない。
・・・でいいのかな?

・Spirit Breaker
Charge of Darknessで狙われてる時にdebuff表示がなくなって速度が750と脅威の速度。
Empowering Hasteでダメージは増えなくなったものの移動速度はさらに増えた。
Greater Bashの追加ダメージは固定ダメージではなく移動速度に応じたダメージ、これがおもしろそう。
Mask of Madnessのアクティブ(移動速度+30%になった)を使用して、Drum of EnduranceとEmpowering Hasteのオーラと合わせて53%増加、素の290+靴(PT)の60で350が速度制限で522、drum無しでも518。
bashが出るとその40%で207ダメージと今の倍。
(まぁ殴るだけなら期待値的には今のEmpowering Hasteの追加ダメージのほうが高いんだろうけど)
Nether Strikeはbash+350で557ダメージ。
Charge of Darknessの途中で轢いた時のbashダメージは移動速度750の40%で300ダメージになったりするのだろうか?

・Treant Protector
Overgrowthがダメージを与えなくなったかわりに効果時間が延びてCDが減少。
日中グローバルなアーマー・HPリジェネ増加だったLiving Armorはリメイクされ、
HPリジェネとダメージブロックを与えるアクティブスキルになった。
別レーンの味方を補助できるのは相変わらずだけど使い辛そう。
大会でほとんど見かけないけどゲーム中トップクラスの勝率だったtoreantは強くなったのか弱くなったのか。
強くはなってない気がする。

アイテム
・Shadow Amulet
インビジになれるアクティブを持った新アイテム。
Lothar's Edge(dota2のShadow Blade)の新素材。

・Lothar's Edge
素材がClaymore (1400)+Shadow Amulet (1600)で3000円。
アクティブの効果時間が延び、攻撃速度の増加量はShadow Amuletに合わせて30と全体的な強化。

・Observer Wards
2個で150円!
1個あたりの値段がLoLと同じ75円!25%off!ヤスイ!!

・Orb of Venom
不人気だった安くて地味においしいアイテムがさらにお求めやすく。
試したことないけどmeleeの殴りgankerで序盤に持つと強そう。

・Ethereal Blade
Agilityに応じたダメージだったのが自身のPrimaryに変わった。
とはいえ上昇するステータスは相変わらずagi寄りだからまだまだ持つヒーローは限られそう。
Outworld Destroyerとかagiが無駄にならないけどOrchid Malevolenceで充分な気がする。


その他
キル・アシストで入手するゴールドが増えたことでgankerのsnowball的な展開が増えたり、
wardが安くなったのもあってsupportにちょっとだけお金の余裕ができそう。



他にもいろいろ変更点はあるけど個人的に目に付いたのは以上。
MorphlingやLycanはメタに影響与えそうなnerf食らってるけどAMは動きがちょっと遅くなっただけ。
これがTI2でのpick・ban率の差だろうか。
3AMに怯える日々は続く。
3AM
関連記事

category: dota2

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ippondatara.blog.fc2.com/tb.php/32-dc6b70fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。